あんま見ないでくれブログ

恥ずかしいから

日記(12/21)

冬至には銭湯でゆず湯が催される可能性高しとの情報を小耳に挟んだので、近くの銭湯まで出かけることにした。

 

・ゆず湯の何がいいのか、とんと分からないし調べる気も起きず、なんなら肌の弱い自分には悪い影響しかないのかもしれなかったが、ただテンションが上がるからというだけで勢いに任せて出発した。

 

・何年か前に先輩に1度だけ連れて行ってもらった銭湯へ行くことにする。

近くの、と言ってもそんなに近くはない。歩いていくと30分くらいする。普段あまり銭湯に行かないのは歩いて帰るまでの時間で湯冷めしてしまうからだ。

今夜それでも出かけたのは、1年に1度だけという特別感に浸りたかったのかもしれない。

 

・向かう道中も凍えるような寒さだったが、この先にゆず湯が待っているとあっては全くへこたれる様子も無く、深夜にも明るく輝くコンビニの光すら歯牙にかけぬ勢いで進んでいった。

 

・20分ほどで着いた。

 

・やってなかった。月曜日休みらしい。冬至の日くらいやってくれよ。

 

今考えると他にも銭湯の1つや2つあったのかもしれないが、当時の自分はそこしか知らなかったし、新たに調べる手間のエネルギーと天秤にかけた結果、一刻も早くゆず湯へ浸かりたいという衝動が勝ったのだ。

 

・すごすごと引き返すことになった。往路よりも寒く感じたのは夜が更けたというだけではなかっただろう。

 

・さっき通り過ぎたコンビニに寄ってあったか~いお茶を飲んだ。そのくらいいいだろ。ゆず湯が許されなかったとしても、あったか~いお茶の1つや2つが許される社会ではあってくれ。

 

・帰ってきてなんか空しかったので、パスタを茹でた。

f:id:zAkiyama:20210103152516j:plain

以前100均で買ったレンジでできるやつで茹でたらなんかすごい形になった。なんか対流が生まれてそうなるのか。俺もアチアチの対流に身を任せていたい人生だった。