あんま見ないでくれブログ

恥ずかしいから

日記とか(8/29)

ここ2、3日、日記を書くときに丁度スマホを充電していて、写真を上げれなかったので今上げることにする。

他に言う事もないから。

 

 

f:id:zAkiyama:20200830134346j:plain

・100円ショップのアイス売場、売れすぎてて雪見だいふく2個しかなかった。

 

f:id:zAkiyama:20200830133924j:plain

・昨日だか一昨日だかの夕食。

ヒレカツと一緒にギョウザを食べたらお腹一杯になった。

このギョウザは10個くらい入っていて100円しないという所で私の信頼を得ている。

 

f:id:zAkiyama:20200830133951j:plain

・私がドジをやってしまったときの写真もあった。

なんで撮ったのかは覚えていない。

最近、あまりに指のガサつきが酷い。擬音的にはもう”ガサガサ”じゃなくて”ガチャガチャ”くらいだ。

絆創膏を貼ってみたが正直全然効果が無い気がする。

 

 

f:id:zAkiyama:20200830134025j:plain

・今年も薄麦茶の季節がやってきた。

薄麦茶とは麦茶のティーバッグを使いまわして生み出された悲しきモンスターのことである。

ティーバッグにひもとかが付いていないせいで取り出すのがめんどくさい。

 

ついでに、前日記に書こうと思っていたけど忘れててそのまま流れてしまった話もする。どうせ何も書くことないから・・・

 

・以前栄に行ったとき、信号待ちをしている間に目の前の女性のものだと思われるニオイが鼻に入ってきたのだが、どう考えても小学校の時の友達のケントくん家のニオイだった。

うら若き乙女が繁華街に遊びに行くのに、ケントくん家のニオイでいいのか。しかもマスクを通過してくるって結構だぞ。

とはいえ悪いニオイでは無かったから別にいいのかもしれない。

ケントくんの家が時代を先取りしていただけかも。

昼ドラだったらケントくんの不倫が疑われるところだった。

 

・少し前スーパー銭湯に行ったとき、ずっとお湯に浸かっていたら指がフニャフニャになった。

幼いころ母だか父だか兄だかにこれは何故かと聞いたのだが、結局答えがわかっていない。ただ「大人になるとふにゃふにゃにならなくなる」と言われた。

確かにその時見た母だか父だか兄だかの手はそんなにふやけていなかった気がする。

結局今の自分はまだ子供ということだろうか。

自分は発達の遅い子供だった。まだ乳歯も抜けきってないし。しかしこれはまだ身長が伸びるフラグかもしれないので逆にありがたくも思っている。

あと、関係ないけどマリオサンシャインがやりたくなった。

 

・これは忘れていたわけではないけど、ちょっと前「3種のチーズ牛丼」を作って記事にしようとしていた。

ちゃんとチーズを3種類買って、紅ショウガも添えて、牛肉も一番いいのを買って作った高級品だ。

なんで記事にしなかったかと言うと、写真があまり上手く撮れなくて、作りなおそうとしている内に「リュウジのバズレシピ」が先に同じような動画を作ってしまったのだ。

料理研究家がちゃんと作ったものに敵う訳がない。私のコンセプトは「何も調べないで作り上げる」ことだったから、上手く行かなくても良かったのかもしれないが。

 

こんなところだ。

多分他にも書けなかったこととかあったと思うけど、今の自分が思い出せるのがこのくらいなので勘弁していただきたい。

 

以下は通常の日記です。

 

昨日くらいからたくあん漬けを冷蔵庫から出して放置してみている。

本来は天日干しで作るくらいだからいいだろう、と思ってやってみることにした。

腐ったりしないか心配ではあるが、もう正直腐ってもいい。

今の自分は「食べたい」という気持ちよりも「変化が見たい」という気持ちの方が強くなってしまっているのだ。

1日経ったら漬けている液が少し黄色くなっていた。それがどうなのかは全くわからない。

 

今日、夕ご飯に豚丼を作った。

例によって紅ショウガを消費するために。ちなみに上のチーズ牛丼の為に買ったものだ。100円の一番小さい奴を買ったのに全然減らない。今日も残った。

 

牛丼とか豚丼とかを作るようになって、ようやくコツがわかってきた。というのも「レシピとかを調べない」ということにこだわっていたからだ。

まず、以前は牛丼とは炒め物だと思っていたのだが、これがもう違う気がする。

今の見解では煮物に近い。とされている。少なくとも店で売られているものは。

 

最初の頃は牛丼っぽい見た目にどうしてもならなくて、いろいろ考えていたものだが、多分あの色は醤油とかが肉に染み込んだ色なのだ、と気づいた。

それまでは醤油・酒・みりん・水・砂糖なんかを合わせた調味料をつくり、ただぶっかけて少し炒めたら終わっていたのだが、長く「煮詰める」ことで肉に味が染みわたり、色もチェーン店っぽくなっていったのだ。

f:id:zAkiyama:20200830134114j:plain

f:id:zAkiyama:20200830134153j:plain

f:id:zAkiyama:20200830134228j:plain

 

今日のものは見た目・味・匂いともに最高レベルの出来だった。

すごく美味しかったが、もしかしたら上のメソッドなんかは関係なく、調味料の配合が上手くいっただけかもしれない。いつも計らず適当にやっているので。

 

さいわいなことに(?)紅ショウガはまだ残っているので、また作りたい。単純に美味しかったし。コスパよいし。