あんま見ないでくれブログ

恥ずかしいから

日記(8/3)

定型文かのように「今日は何も無かったけど~…」ってずっと使ってるけれど、なんだかんだ長々と何かしら書けてはいるのでやめた方がいいかもしれない。見苦しいだけだし。

 

 

 

たくあん用に塩水に浸してあった大根がいい感じになってきたので、第2段階に移行した。

ネットの情報によると、酢、みりん、砂糖と一緒に水分の抜けた大根をジップロックに入れて放置すればいいらしい。あとは味付けを見て完成だとか。

f:id:zAkiyama:20200804021832j:plain

塩に浸したと思えば今度は砂糖とか、なんか大変だなこいつも…。

ほんとか?これだけであんなに黄色くなるのか?今のところ不安しかない。明日また見てみて変化がなさそうなら考えることにする。不安すぎる。妻の出産を待っている夫の気持ちだ(言い過ぎ)。

 

 

 

鯖の味噌煮を作った。動画を見てて急に食べたくなったから。鯖だけなら300円くらいで買えるのがいいかもしれない。

 

私の家のコンロはIHで、安全のためか一定時間放置すると勝手に火が消えてしまうので、煮物をやるのに向いていない。その間に何か出来ることがあったとしても、煮物にも神経を注がなければいけないので、結果としてそっちの作業も上手くいかないことが多い。

今日は待ってる間掃き掃除をした。今使ってる掃除機、よく見ないで適当にアマゾンで買っちゃったやつで、使うのが非常にめんどくさいので、最近はよく箒とちりとりでゴミを取っている。

 

まあ掃き掃除なんて数分で終わるもので、終わった後は友達に借りた漫画を読んでいた。「百合星人ナオコサン」。全然知らない。

物語としては割と破綻してる気もするけど、作者のセンスだけで描いてる感じが絶望先生を思い出してなかなか良い。あと、1話が短いので、魚を煮つめているときのような、ちょっとした空き時間にはぴったりだ。

 

読み切ることは出来なかったが、無事に鯖の味噌煮は出来上がった。

f:id:zAkiyama:20200804021735j:plain

(あまり見栄えがよくなかったので遠目から失礼します)

今、野菜が絶望的に不足している。明日!明日になったらイオンの火曜市でレタス買ってくるから!

めちゃくちゃ美味しかったけど骨がめちゃくちゃ多かったからしばらくは作りません。

 

 

 

昨日の夜、ネットの怖い話とか、後味の悪い話を読んでさらに眠れなくなっていた。「怖い話を見たい」という欲望、よくわからんなー。普通に考えたら欠陥じゃないか?

 

「コトリバコ」とか「リアル」、おもしろうございました。夏と言えばホラーみたいなところあるけど、その辺はイマイチよく分からない。別にホラーで恐怖を感じたとしても涼しくなった覚えはないし…

 

後味の悪い話として紹介されていた、「SCP」という創作怪異をまとめた中のひとつ、「SCP-1712-JP(通称:"21世紀"の地底戦車)」というのを読んだけど、これもイマイチよく分からなかった。どこが面白いのか、分かってる方は教えて下さい(読解力皆無)

 

 

 

よく分からないものって世の中にはいっぱいあるし、インターネットの文化が発達したことでそういうものが目に付くことも増えたと思う。

それを分かれるように努力してゆく過程が面白いというのは分かるのだが、いかんせんこういう文章の形式だと分からなさ以外に楽しめる場所が無い分、分かろうとする努力も難しいような気がする。モチベーションが持てないというか。

 

例えば前衛芸術とかは何を意図してるのか分からなくても、視覚的な情報が入っているから「好きな色」とか「好きな構図」とかで好きになることができるし、それをモチベーションに出来て理解しようとする努力もしやすいんじゃないか、ということです。

音楽についても同じことが言える。こっちは聴覚に訴える方面だけど。

ただ、文章であるとこうはいかない。文章単体でホラーやギャグが伝わらなければ、他に面白がれるところが一切無くなってしまう。

 

 

 

何が面白いのか分からないものを見るのは中々に苦痛です。今、世はまさに大量消費時代で、消費するモノは幾らでも溢れているので、理解できないものからは離れて、面白がれるものだけに時間を割いてしまうのは致し方ないのかもしれません。

ですが、本当により長く人生を楽しみたいのなら、自分の価値観を広げることも大切です。時には、「よく分からないもの」を理解しようとする姿勢をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

いつからこのブログは新書の最後のページみたいな真面目な文章を書くようになってしまったのか。正直な話、コンテンツの楽しみ方は人それぞれだし、あまりこういう風な口の出し方はしたくないです。

価値観を広げようとして色々なものに手を出した結果、逆に価値観が狭く収まってしまった人もいるからね!ほどほどにしておきましょう。